オランダ

LGBTQアスリートのカミングアウト/スポーツに関する取り組み

女子ホッケー元オランダ代表、マーチェ・パウマン選手やスピードスケート選手、イリーン・ヴストをはじめ、オランダでは数々のアスリートがカミングアウトをしています。

しかし、男子スポーツ界、特に人気が高いサッカーや国民的スポーツであるホッケーにおいて、カミングアウトのハードル はまだ高いのが現状です。数少ない男子アスリートでカミングアウトをした男子ホッケー、元オラン ダ代表のダイス・デフレーフ選手のカミングアウトは現役引退後でした。

2014年冬季ソチオリンピ ックでは、オランダオリンピック・パラリンピック委員会 (NOS*NSF) は、オランダの LGBT選手の安全が守られるよう、国際オリンピック委員会(IOC)に呼びかけるなどの活動を行いました。
市民レベルにおいてはゲイ男子で構成されたサッカーチームや、レズビアンのサッカーチームが活発に活動しています。

 

◎オランダオリンピック・パラリンピック委員会 (NOS*NSF) Webサイト 
https://nocnsf.nl/

◎LGBTの人々のスポーツ体験レポート(オランダ語のみ)
https://www.scp.nl/publicaties/publicaties/2017/03/09/ervaringen-van-lhbt-personen-met-sport—beleidssignalement 

<戻る

  • トランスジェンダーに関する活動コラム
  • 差別・いじめ・教育に関する活動コラム
  • スポーツに関する活動コラム
  • 高齢者に関する活動コラム
  • LGBTQ体験談に関する活動コラム
  • 各国大使館のに関する活動コラム

世界各国のLGBTQに関する取組 コラムページTOP