プライド
ハウス
東京とは

「プライドハウス東京」は、セクターを超えた団体・個人・企業が連帯し、2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されるタイミングを契機と捉え、LGBTQなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ)に関する情報発信を行う、ホスピタリティ施設を設置し、多様性に関する様々なイベントやコンテンツの提供を目指すプロジェクトです。

LGBTQのアスリートや、その家族や友人、そして観戦者や地元の参加者が、自分らしく、多様性をテーマとした大会を楽しめるように活動するとともに、次世代のLGBTQの若者が安心して集える、常設の居場所づくりに取り組みます。

世界で初めて開設された「プライドハウス」は、バンクーバー冬季オリンピックのタイミングでした。以降、大きな国際スポーツ大会に合わせて各地のNGOが主体となり、様々な形で「プライドハウス」が設立運営されてきました。「プライドハウス東京」コンソーシアムは、2020年以降に日本社会に残るレガシーを、という団体の意志を込めて、パラリンピック最終日の2年前、2018年9月6日にキックオフしました。

  • ○2019年
    2019年ラグビーW 杯で盛り上がる秋、9月20日〜11月4日の間、期間限定のスポーツとLGBTQをテーマにした情報発信施設「プライドハウス東京 2019」を東京・原宿「subaCO」にてオープン。



    会期中、3000名以上の方に来場いただき、29の団体・個人、18の企業、15の大使館がコンソーシアムとなり、「教育・多様性発信」、「文化・歴史・アーカイブ」、「セクシュアルヘルス・ 救済窓口」、「アスリート発信」、「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」、「居場所づくり」、「仕組みづくり」という7つのチームに分かれ、様々な企画を実施。

    アスリートや各方面で活動を進められて いる方々をお招きしたセッション、多様性 尊重・子どもの未来・セクシュアルヘルス などのトークイベント、バレー・テニス・ フットサル・ボッチャ等のスポーツ企画な ど、多層的に情報発信を行いました

    また、12月6日には日本初となるLGBTQ支援をテーマに掲げた音楽イベント「LIVE PRIDE〜愛をつなぎ、社会を変える。〜」を東京国際フォーラムにて開催しました。

    • ○2020年

      2020年7月に予定されていた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の時期に合わせ、期間限定の施設「プライドハウス東京2020」をオープン予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響による東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期に伴い計画変更を行いました。

      当初、常設のLGBTQセンターについては、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催された翌年、2021年以降での設立を目指していましたが、コロナ禍におけるLGBTQユースの実態調査「LGBTQ Youth TODAY」をもとに、性的指向・性自認に気兼ねすることなく、安心して繋がりをもてる場所が中⻑期化するコロナ禍にこそ必要であると判断し、設立計画を変更。

      「プライドハウス東京」コンソーシアムは、日本で初めてとなる常設の大型総合LGBTQセンター『プライドハウス東京レガシー』を、国際カミングアウト・デー(National Coming Out Day)である10月11日に、東京都新宿区にオープンしました。


      「プライドハウス東京レガシー」は、東京2020オリンピック ・パラリンピック競技大会組織委員会による「公認プログラム」として、LGBTQとスポーツ・文化・教育などに関する 情報発信企画を、新型コロナウイルス感染予防対策を実施しつつ、オンラインとオフラインを交えながら展開予定です。

      2010年バンクーバー以降の世界のプライドハウスを含めて、オリンピック・パラリンピックの公認のもとで実施されるのは、この「プライドハウス東京レガシー」が初めての試みとなります。

      2021年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される際には、本施設にて大会にあわせた情報発信を検討していますが、現時点で詳細計画については未定です。
    「プライドハウス東京」コンソーシアムは、日本社会により広くポジティブな影響をもたらすためには、コレクティブインパクト型の協働、自治体や企業によるプロジェクトへの参画を必須と捉え、特に、大会に関連する自治体や、大会公式パートナー企業に対する呼びかけを積極的に行っていきます。

    また、チャリティイベントやクラウドファンディングなど、市民参加度の高い運営資金調達の方法や持続可能な組織体制を、企業からのサポートに加えて検討します。

    あわせて、LGBTQへの理解を深め、前向きな発信やアクションを行うアライ(理解者・支援者)をスポーツ界に増やしていくために、著名なスポーツ選手の「アライ・アスリート」としてのアンバサダー参画を促すとともに、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に関連する団体やスポーツ団体への働きかけを推進する予定です。