PRIDE HOUSE TOKYO JAPAN 2020 → - プライドハウス東京 -

プライド
ハウス
東京

「プライドハウス東京」は、セクターを超えた団体・個人・企業が連帯し、2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されるタイミングを契機と捉え、LGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)に関する情報発信を行う、期間限定のホスピタリティ施設を設置し、多様性に関する様々なイベントやコンテンツの提供を目指すプロジェクトです。LGBTのアスリートや、その家族や友人、そして観戦者や地元の参加者が、自分らしく、多様性をテーマとした大会を楽しめるように活動するとともに、2020年のレガシーとして、次世代のLGBTの若者が安心して集える、常設の居場所づくりに取り組みます。

世界で初めて開設された「プライドハウス」は、バンクーバー冬季オリンピックのタイミングでした。以降、大きな国際スポーツ大会に合わせて各地のNGOが主体となり、様々な形で「プライドハウス」が設立運営されてきました。「プライドハウス東京」コンソーシアムは、2020年以降に日本社会に残るレガシーを、という団体の意志を込めて、パラリンピック最終日の2年前、2018年9月6日にキックオフしました。

大会開催期間である7月24日(金)~9月6日(日)の45日間での実施を目標に、「プライドハウス東京」では、次の3つのチャレンジを掲げます。

2020 年以降のレガシー創出を目指す
TOWARD / UNITED / BEYOND 3つのステップ

  • CHALLENGE 1

    大会までの期間
    (2018年9月〜2020年7月)
    さまざまな参加型の企画を通して、LGBTについて、LGBTとスポーツについて、LGBTと文化についてなどの情報発信や、スポーツ関連団体への情報提供を行います。ドネーションを通して運営資金を集め、2020年に発信するコンテンツ・プログラムの開発を行うとともに、期間限定の「プライドハウス東京」のスペース開発を行います。

  • CHALLENGE 2

    大会期間中
    (2020年7月〜9月)
    「プライドハウス東京」を設立し、多くの方々に多様性の素晴らしさを体験する機会を提供します。あわせて、LGBTのアスリートやアライ・アスリートからの発信や、「買って応援」する仕組みをつくりながら、セクシュアル・ヘルスに関する情報発信、メディアガイドラインの提供、トラブル相談窓口とサポートネットワークを運営します。

  • CHALLENGE 3

    大会期間後

    (2020年9月〜)
    常設のLGBTセンターとなる「プライドハウス東京・レガシー」(仮称)を、次世代のLGBTの若者の「居場所」を主目的として創設します。蓄積してきたコンテンツやプロジェクト、ノウハウをベースに、日本各地で行われている居場所づくりをサポート。持続可能な組織をつくり、ソーシャルセクター施策などの積極的な活用を検討します。